リフォームにおける節税方法とは?

リフォームにおける節税方法とは?

ライフスタイルの多様化により、間取りや設備を気にする人が増えた現代では、リフォーム・リノベーションが欠かせないものとなりました。特に築年数が古い物件は、外観や設備を考えると改装・改修が必要になるかもしれません。しかし、リフォーム・リノベーションの費用は決して安いとは言えないため、迷われていると思います。そこで、出費を抑えるために知っておきたい「修繕費」と「資本的支出」についてご紹介いたします。

経費と資産

費用を抑えられるかは“経費”にできるかどうかで変わってきます。リフォームやリノベーションに掛かった費用は、「修繕費」か「資本的支出」かに分けられます。

修繕費は、建物や車など固定資産に対する原状回復のための費用のことで、資本的支出というのは資産価値を高めるための費用です。つまり、壁や天井の穴を塞ぐための補修や水道管の修理などは「修繕費」、おしゃれな壁紙に変えたり、キッチンのグレードをアップしたりするのは「資本的支出」になるのです。

どちらがお得?修繕費と資本的支出

まず、この2つの違いは「一括で経費にできるかできないか」という点にあります。修繕費の場合はその年に一括で経費にできますが、資本的支出の場合は耐久年数で経費を分割して計上し、減価償却の扱いで経理処理します。そのため、確定申告の方法にも違いが出てきますので、経営状態に合わせてそれぞれの方法で税金対策するのが得策です。

例えば、修繕費は施工した年度の節税に有効ですが、その年の収入がほとんどなかった場合は金融機関から追加融資を断られる可能性が出てきます。また、資本的支出を減価償却の扱いで処理する際、マンションの収益があれば有効な節税になりますが、年度ごとに計上できる経費には限度額があります。

修繕費と資本的支出どちらにもメリット・デメリットがありますので、役所または工務店へご相談ください。

福岡市でリフォーム・リノベーションをお考えの方は、福岡市南区の愛彩家にお任せください。中古マンションや中古アパートはもちろん、中古戸建てにも対応いたします。見積もり依頼も無料で受け付けていますので、費用に関して不安がある方は、お気軽にお問い合わせください。