危険!室内の温度差について

「床暖房のリフォームはしたいけど見積もりが気になる…」「暖房を入れている部屋を除けば家の中も寒いのが当たり前!」と思っていませんか?

冬に家の中が寒いのは当たり前じゃない!?

冬に家の中が寒いのは当たり前じゃない!?

日本と同じく寒さが厳しいアメリカやロシアでは、そうは考えられていません。

海外では真冬であっても一歩建物に入れば、Tシャツ1枚で過ごせる室温です。欧米のほとんどの国々では、冬の室内を暖かくすることが推奨されています。

例えば、ニューヨークの賃貸物件には、室温の最低ラインが決められていますし、室温と健康の相関関係の研究が進められているイギリスでは、多くの方が寒い家は危険だという認識を持っています。

このように海外では、真冬でも家の中を快適な温度に保つことに重きをおいているのです。日本は先進国ですが、冬の暖房への意識はまだ低いのかもしれません。

高齢者が危険!家の中の温度差がもたらす健康被害とは?

高齢者が危険!家の中の温度差がもたらす健康被害とは?

高齢の方がいらっしゃるご家庭は、生活動線を考えてバリアフリー仕様のリフォームを検討されると思いますが、家の中の温度差についてはいかがでしょうか?

福岡市南区の気候は夏を除けば全国的に見ても穏やかですが、日照時間の短い冬は各部屋によって、温度格差が生まれやすいと言えます。

極端な温度差のある家で生活を送っていると、関節痛や神経痛だけでなくヒートショックが懸念されます。温度差によって引き起こされるヒートショックは、高齢者が家の中で亡くなる原因の1つです。

断熱改修で温度差対策を

室内・屋外間での熱移動は、室内の温度差を生み出す原因となります。床、壁、窓ガラスなどの住宅の各所で起こる熱移動が大きいと、外界温度の影響を強く受け、夏場は暑く、冬場は寒いという室内状況を生み出してしまいます。

床、壁、窓ガラスなどの素材を断熱性能のあるものに換える、もしくは断熱性能を高める施工を行うことで、室内への熱の流入・室内からの熱の流出を抑えることができます。愛彩家では、断熱改修や設備エコ改修などのエコリフォームを行っています。ウレタン断熱などの外断熱の施工をお考えの方もお気軽にご相談ください。

もちろん高齢者に限らず、若い人であっても温度差で体調を崩してしまうことは珍しくありません。窓、外壁、屋根、床の断熱リフォームを行い、寒さが厳しい冬も快適に過ごしませんか?

福岡市南区にある愛彩家では、高齢者対応リフォームや水廻りリフォーム・電気工事・設備工事など幅広く手掛けています。戸建てマンションどちらの施工にも対応いたしますので、見積もり依頼や施工についてのご相談は、遠慮なくお問い合わせください。