昔と違う現在の工務店とは

昔と違う現在の工務店とは

工務店電気工事設備工事外壁塗装から内装工事の手配を行い、専門的な工事のマネジメントを仕事としています。場合によっては現場で工事管理を請け負うこともあり、地域に密着した姿勢ときめ細やかなアフターケアが魅力です。

工務店は棟梁の発展型

日本で生まれた木造建築物において、棟と梁は建物全体を支える重要な部分を担うことから、大工のお頭を「棟梁」と呼んでいました。棟梁は、大工や左官、とび職、足場組みといった職人集団を統率するだけでなく、設計に至るまで取り仕切る存在です。それは現在も変わらないことですが、近年は「在来工法」という考えから工法自体が大きく見直されています。

進化する工務店の形

かつては、木工のお頭である棟梁が、新築住宅の建設全般を取り仕切っていたため、工務店は住宅建設のパイオニア的存在と言っても過言ではありません。そんな工務店は、時代の流れに合わせてさらに進化しています。

■昔懐かし棟梁タイプ

大工のお頭である棟梁が、始めから終わりまで一貫した施工を行うタイプです。

■施工限定タイプ

施工限定タイプの工務店は、設計にはたずさわらずに依頼された施工のみを行います。

■設計重視タイプ

自社で建築士を雇用していたり、設計事務所と連携してデザイン設計に力を入れたりしているタイプです。デザインに特化した会社との連係プレーにより、クオリティの高いデザイン設計が可能になります。

この他にも、フランチャイズタイプやデベロッパータイプ、ハウスメーカータイプなどがあり、現代社会の住宅建設における多種多様なニーズに応えています。

リフォームやリノベーション、増改築、店舗改装にて福岡市南区の工務店をご利用の際は、ぜひ愛彩家をお選びください。「迅速・丁寧・安心・感謝」をモットーに、地域社会に貢献できる企業を目指しています。経験豊富なアドバイザーと職人によるこだわりのプロデュースで、住まいを理想のカタチに近づけるサポートを行います。
水廻りやバリアフリー化、エコリフォームなど様々な内外装工事にご対応いたしますので、住まいのお悩みについてどうぞお気軽にご相談ください。