高齢者向けのリノベーションについて

高齢者向けのリノベーションを行う際には、どのようなポイントに着目するべきなのでしょうか?高齢者向けのリノベーションを考える上で押さえておきたいポイントを幾つかご紹介します。

行動範囲が広がる工夫を

段差が無くフラットな床、各所に手すりを設置した住まいは、高齢の方が室内をスムーズに移動する手助けになります。そのため、リノベーションを行う上で忘れてはいけないのが、室内から屋外への移動をスムーズにする工夫です。

屋内と屋外を繋ぐ玄関や外出時に訪れる駐車場、外の空気や日の光を感じられる庭などのリノベーションは、シニア・シルバー世代の行動範囲を大きく左右する要素となります。ドアの開閉スペースや間口の広さなどを見直すことで、スムーズに行動できる環境になれば、外出することが楽しくなり、行動範囲が広がるきっかけにもなります。

「とりあえず」ではなく「見極め」が重要!

「とりあえず」ではなく「見極め」が重要!

手すりの設置で歩行が安定すると、転倒など室内での怪我の軽減に繋がるとお考えの方は多いと思いますが、ただ設置すれば良いというものではありません。今すぐには必要にならないけれど、将来を見据えて「とりあえず」手すりを設置した場合、手すりを設置したことでかえって暮らしにくくなることもあります。

手すりは、手すりを主に利用される方の身長や体の状態によって、最適な設置位置が変わってきます。左右どちらにも対応できるという理由で通路の両側に手すりを取り付けることもできますが、通路の幅によっては車椅子が通れなくなる可能性が出てきます。

利用者にとって本当に役立つ手すりを設置するためには、手すりの高さ、左右、向きなども見極める必要があるのです。

高齢者の生活動線に着目しよう

高齢者の生活動線に着目しよう

自分でできることを増やせる環境に整えることは、高齢の方が自立を継続する上で大きく貢献します。

トイレや浴室・洗面所などの毎日利用する空間は、使い勝手が重要な要素になります。トイレや浴室・洗面所では、車椅子が入るように空間を広めに設ける、引き戸にして出入りを楽にするなど、使い勝手を高める工夫は様々です。

空間そのものの使い勝手を高める他には、寝室(ベッド)、トイレや浴室、洗面所などの比較的利用頻度の高い各個室への行き来がスムーズに行えるか否かを確認することも大切です。生活する上での一連の動きに着目することで、必要なリノベーションが考えやすくなります。

福岡市南区にある愛彩家では戸建て、マンションのリフォーム・リノベーションを行っています。住宅のリフォーム・リノベーションをお考えの方は、愛彩家へご相談ください。豊富な経験と技術を活かし、お客様に最適なリフォーム・リノベーションプランを提案させていただきます。お見積もりは無料ですので、費用の詳細については、お気軽にお問い合わせください。