意外と知らないリノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームは近年よく耳にする言葉で、家の改装を考えている方は同じ意味で使うことが多くなっています。しかし、両者にはできる範囲が決まっていて特徴も異なります。希望する改装目的に合わせて、リノベーションとリフォームのどちらかをお選びください。

リノベーション

リノベーション

リノベーションとは『修復・革新・刷新』などの意味があり、プラスαの機能を多く取り入れ、住まいに新たな価値を生み出すというものです。

間取りの変更、冷暖房機器設備の取り換え、水道管・排水管の取り換えなど大規模の工事を施すことで、新築時よりも性能を向上させることができます。

リノベーションは大規模な工事が伴うため、リフォームに比べると費用はかかるものの、付加価値が生まれますので必然的に資産価値が上がります。「仕切りを無くして部屋を広くしたい」「耐久性や耐震性向上のために壁の補修を行いたい」などは、リノベーションに当てはまります。デザインの向上や改良、ライフスタイルに合わせた変更などをご希望の方は、リノベーションをおすすめします。

リフォーム

リフォーム

リフォームとは『悪い状態からいい状態へ』という意味があり、汚れや壊れ、古くなっている部分を新しくすることから住まいの改善全般を指します。

リノベーションは既存の状態からスタートしますが、リフォームはマイナスの状態からスタートするため原状回復とも言います。リフォームは壁紙の張り替え、システムキッチンやユニットバスの入れ替えなど小規模の工事が中心です。

リフォームは、老朽化したものを“新築の状態まで戻す”という認識で捉えられています。

福岡市周辺にお住まいの方でリフォーム・リノベーションをお考えの方は、ぜひ愛彩家へお任せください。リフォーム・リノベーションの相場から費用の相談、間取り変更・水廻り変更・バリアフリーなど、お気軽にお問い合わせください。愛彩家ではお客様のご希望にそったデザインを設計いたします。