家を建てるなら収納スペースにこだわろう!

マイホーム購入で欠かせない「間取り・インテリア・デザイン」といったこだわりたい部分。どれも大事ですが、収納のことを忘れてはいけません。あらかじめ収納スペースを考えて設計をすることで、整理整頓も楽になり、清潔感のあるスッキリとした空間を保てます。

収納スペースはどのくらいあるといいの?

収納スペースはどのくらいあるといいの?

一口に収納スペースと言っても、収納するアイテムによって大きさが変わるため、全体的にどのくらい必要なのかは、生活スタイルや家族構成に注目してください。

一般的にマンションで8~10%程度、一戸建てで13~15%程度が望ましいと言われています。

収納スペースを考える前に

収納スペースを考える前に

収納スペースは多かったり、広かったりすれば良いというものではありません。収納量が多ければたくさんの物を収納できますが、取り出したい時のことを考えると、現在所有しているアイテムを把握することが大切です。

アイテムの使用目的や使用頻度、新生活に必要かどうかといったことを書き出してみてください。その際、どこに何をしまうのかも検討しておくと計画が立てやすくなります。

収納のタイプを知る

収納にもいろいろなタイプがあります。

・日常の収納=食器やタオル、衣類など日常的に使用する物を収納する
・季節収納=冷暖房器具や節句人形、クリスマスツリーなど季節に応じて出し入れする収納
・長期収納=アルバムや思い出の品など、滅多に出すことのない収納

この他にも、隠す収納や見せる収納などがあります。収納タイプ別にアイテムを分けて、整理しやすい住環境で新生活をスタートしてください。

新築マイホームを建てる際に意外と見落とされがちの収納スペースですが、こだわることでより満足度の高い家に仕上げられます。工務店と相談しながら理想のマイホームを手に入れませんか。

福岡市南区にある愛彩家は、新築設計・施工を手掛ける工務店です。アフターメンテナンスまでしっかりと対応いたしますので、工務店をお探しの方がいらっしゃいましたら、一度ご相談ください。また、内装工事外壁塗装電気工事設備工事など、リノベーション・リフォームにも対応しています。